遠心分離器PM9304取り扱い説明書


<動作確認>


開梱しましたら、以下のようにして動作確認をしてください。



1)移動中に損傷が起きないようにフレームを固定してありますか

    ら、緑色の針金(あるいはPPバンド)を取り除いてください。


 

 

 

2)回転ハンドルは外して、分離器内に止めてありますから、しっかりと下

  記のように取り付けてください。ハンドルをゆっくり回して、分離器内

  部のフレーム(巣碑枠入れ)が回転することを確認してください。この

  時点でハンドルが回らないとか、空回りするとか、何か不具合がありま

  したら、直ぐにご連絡ください。まれに、輸送時に歯車のかみ合わせに

  緩みが生じる事があります、このような場合、決して無理なことはなさ

  らないでください。歯車が破損することがあります。

 

 

 

 

<使用前の洗浄>

 

分離器のフレームは下の写真のように完全に抜き出せますので、中性洗剤でタンク内部及びフレームを洗浄してください。フレームには鋭利な部分がありますから、手等を切らないように充分気をつけてください。

洗浄後はまた元のように組み立ててください。(フレームの部品は輸入時期により画像と多少異なることがあります。)


 

 

 

<蜜口について>

 

1)発送時には、蜜口はゴムパッキンがプラスチックの可動蓋に張り付いてしまい劣化してしまわないように緩めてあります。

 

2)採蜜時にはプラスチックの可動蓋の左右のナットを左右平均にしっかり締めてください。ゴムパッキンとプラスチックの可動蓋が完全に密着していないと蜂蜜が垂れることがあります。

 

3)ナットを緩めないでプラスチックの可動蓋を開け閉めしますとゴムパッキンが外れたり、歪んだりしますので要注意です!! 


 

 

 

<使用上の注意>

 

1) 回転の始めは、ゆっくりとハンドルを回してください。(車と

同じで急発進は良くありません)

 

2)回転を止める時は、ハンドルから を離し、自然に止まるのを待っ

てください。心棒を圧すればブレー となります。決してハンドル

をブレーキ代わりにしないでください。 歯車が破損します!!

 

 

 


<保護フィルムについて>

 

1)本体には保護フィルムが貼って有りますから、不要でしたら端の方からはがしてください。

 

 

 

それでは、快適な採蜜をお楽しみください。